ジェネリックを購入する | 事前に知っておきたいED治療薬であるレビトラやバリフについて
化粧の美しい少女

ジェネリックを購入する

モノトーンの男性

最後に、ED治療薬の購入の際はジェネリックについても検討してみましょう。
日本で正式に承認されているED治療薬は3種類ですが、海外で市販されている薬を含めると選択肢はかなり多くなります。
特にバリフやタダシップなどのジェネリック医薬品も含めると、選択肢は膨大になってしまいます。安心感を求めるなら日本でも承認済みのレビトラやシアリスがオススメですが、バリフなどのジェネリック医薬品に関しては金銭的に大きなメリットがあるといえます。
とにかく安心感を求める方は病院で承認済みの医薬品を購入するのがオススメなのですが、バリフなどを使用してとにかく薬の価格を抑えたいという方は個人輸入の代行通販を利用しましょう。
海外から薬を輸入する場合、全体的に薬の値段が安くなるというメリットがあります。日本で未承認のジェネリックを購入できるというメリットもありますので、安価かつ気楽に治療を行いたい場合は通販を活用しましょう。

レビトラとバリフを例に説明すると、正規品のレビトラは一錠あたり1400円程度の金額がかかります。これは個人輸入の場合なので、病院で処方してもらう場合はさらに高い金額がかかると思っておいた方がよいでしょう。
これをジェネリックのバリフに切り替えると、一錠あたりの値段はなんと200円まで下がります。レビトラ一回分の値段でバリフが7回も利用できますので、バリフがいかに安いかということはよくわかっていただけるかと思います。
レビトラの使用を末永く継続することを考えると、バリフを利用する事によって得られる経済的なメリットは非常に大きいといえます。レビトラの値段のせいで治療を断念していた方も、バリフを使うことで希望が見えてくるでしょう。

Copyright © 2016 事前に知っておきたいED治療薬であるレビトラやバリフについて. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com